hot-yoga

高温多湿のスタジオで行うホットヨガでは、滝のような汗が流れ出てきます。
一度のレッスンで流れる汗の量は、それぞれの体重や体質にもよりますが、1リットル程度と言われています。
多い場合、2リットル程度の汗を流す方もいるほどです。

 

短時間でこれほどの汗が流れるのですから、体内の水分は不足してしまいますよね。
そのため、こまめな水分補給が重要になってきます。

 

これだけ大量の汗が流れるホットヨガのレッスンには、どれくらいの量の水を用意すれば良いか知っていますか!?

用意する水の量が少なすぎると、体調不良になってしまうかもしれませんよ!

 

ヨガレッスンに必要な水の量はどれくらい!?

yoga-water-size

ホットヨガでは、レッスンが始まる前から水分補給が始まります。
特にレッスン中はこまめに水分補給が行われますから、用意する水の量は多いくらいが安心です。

ではレッスンの日は、どのくらいの量の水を用意していけば安心なのでしょうか。

 

水は1~2リットルの量があれば安心

lipty-good

ホットヨガのスタジオによっては、用意する水の量を指定される場合もあります。
大体が、「1リットルは用意してください」というスタジオが多いですね。
指定された場合は、それに従えば問題ありません。

 

特に指定がない場合でも、少なくても1リットル程度の量は用意してください。
ホットヨガを始めたばかりの方は、そこまで汗が流れないかもしれませんが、自分が思っているよりは流れます。
ちょっと多いかなと思うくらいの量の水でも、意外と飲み切ってしまいますよ。

 

そして、ホットヨガに慣れて汗が流せるようになってきたら、用意する水の量も増やした方が安心です。
様子を見ながら1.5~2リットルと、徐々に量を増やしてください。
ただ2リットルのペットボトルでは飲みにくいですから、500mlのペットボトルを3~4本用意すると良いですよ。

 

レッスンの日は普段よりも大量の水を飲まないと、水分不足で具合が悪くなってしまう可能性があり危険です。
途中で「水が足りない」なんてことが起きないよう、多いくらいの量を用意してくださいね。

 

用意する水には、量以外にも注意する点があります!

 

水の温度にも注意が必要

doctor-check

レッスン中は代謝がアップし体温も上がるため、冷たい水で水分補給したいと感じるかもしれません。
でも冷たい水を飲んでしまうと、せっかく温まった体が冷えてしまい、ホットヨガの効果も半減してしまいます。
ホットヨガの効果を高めるためにも、常温の水を用意するようにしてください。

 

また、レッスン後の水分補給も同様です。
冷たい水で体を冷やしてしまうのはもったいないですから、常温の水を飲むことをおすすめします。
できればレッスン後1~2時間は、冷たい飲み物は避けた方が良いですよ。

 

ホットヨガに欠かすことのできない水分補給ですが、用意する水の量と温度も重要です。
レッスン中に足りなくなったと慌てないよう、常温の水を多めに用意するようにしてくださいね。